読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニヲタはじめました。

はじめまして、だし巻きです。
ブログというのは、中学生の時に友達と交換日記の派生みたいに書いて以来、
長文に至ってはmixi以来なので何を書いたらいいかな、とも思っています。
ただ、ジャニヲタとして色んな感情が湧き上がって、消化し切れていないのも事実なので、ゆっくりのんびり書き上げてみたいと思います。

 

まず、私のことになりますが、
ジャニーズのファンとしては17年、ジャニヲタになってから9年くらいになります。
ファンとヲタって何が違う?と思われるかと思いますが、
私の中では現場(=コンサートや舞台、イベント)に足繁く通い始めたらジャニヲタかな、と思います。
ファンはテレビの前で応援したり、CD買ったり、ここの解釈は人それぞれだとは思います。
私はジャニヲタだ、って思ったのがちょうどその頃だっただけです。

 

現場に通い始めると色んなことを覚えました。
チケットの取り方からバックの子の顔と名前、東名阪のよく行く会場は大体迷わず行けるようになってもう数年です。
その間、良いこともたくさんありました。
友人、知人が増えて楽しい時間を過ごしたり、いわゆる自担を近くで見たり、ファンサをもらったり。
困ったことや、悲しいこともありましたが、それはそれで経験だと思っています。なければ良いことに違いはありませんが。
そして今の現状としては毎週末現場、10月は9公演予定があります。因みに地方のためほとんど遠征。
その間自担と呼んでいる存在の現場1公演のみ。
あれ?DD?と思われそうですが、そういうわけでもありません。興味のないものは一切興味はないです。
現場が格段に増えたのは、みんながはまりたくないと恐れるJr沼に腰までどっぷりはまってしまったのが、第一の原因だと思っています。
今はデビュー組で1名、Jrに1名担当を言える存在がいる、掛け持ち状態にくわえ、Jrのグループを箱推しで応援している状態になります。
転がり落ちていってしまった経緯は追々記載するとして、デビュー組の人については小学生の時に一目惚れしてから17年、ひっそりこっそり長々と応援しています。
そのため、長いジャニヲタ人生ですが、「担降り」というものを経験したことがありません。
それは一重に、自担がとにかくかっこよくて、他の追随を許さないほど心酔しているからだと思います。
他に好きな子やかっこいいな、可愛いなと思う子が現れることもありますが、自担以上とは思えない自担の魅力がすごいのか、私が執念深いのか。
ただ、自担が世界で一番かっこいいよね?と進んでいきながら、随所随所で色んなグループに足を突っ込んできましたので、
どう転がり落ちたのか、何が良かったのか、どうやって抜け出したのか、などお話していければなと思います。
あとは色んな現場に行くのが好きなので(ジャニーズのはちゃめちゃが押し寄せてくるような頭を抱える舞台が好き)それの感想ともいえぬ、レポともいえぬものを落としていければ。
切ないことに、現場がとても少ない自担なので色んな現場にふらふらっと行ってしまったり、誘われると軽くいいよーと言ってしまうタイプなので。

 

読みにくい文章になるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします!
(ちなみに、じょしドルも好きなので、根っからのドルヲタなのかもしれないです)